悩みを打ち明ける女性

心療内科の受診

心をやんでしまう人が増えています。自分や周囲の人がそのような状態になったら目黒の心療内科でカウンセリングを受けましょう。

ストレス社会と言われている現代で特に重要性が上がっている心療内科なら横浜の医院が評判です。心のケアをしっかり行いましょう。

心療内科とは、言葉のとおり心理的な要因によって発症した症状を診察する診療科になります。心に関係する診療科は他に、精神科、精神神経科などがあります。精神神経科と似た名称に神経内科がありますが、こちらは脳や神経、筋肉の病気を見る科になりますので、心の病気の診察をしている訳ではありませんので注意が必要です。 また、心療内科と精神科も細かく見れば異なる領域になりますので、自身の症状に合った科を受診することが必要です。心療内科は、心理的なストレスが原因となり、何らかの身体症状が現れた場合に治療を行う科になります。動悸や頭痛、腹痛といった症状があるのに内科で検査を受けても異常がないといわれる。そういう場合は心療内科を受診してみるのも一つです。 精神科は心の病気そのものにアプローチをします。眠れない、うつ、見えないはずのものが見える・聞こえるといった場合は精神科の受診を検討します。

心療内科を初めて受信する場合、最初に問診が行われます。問診票に記入するだけの場合もあれば、看護師等と面談形式で行われる場合もあります。時間がかかる場合がありますので、時間に余裕を持って受診したほうがよいと思われます。これまでにかかったことのある病気、入院歴なども聞かれますので事前に思い出しておくとスムーズです。 また、現在どこかの病院に通院していて薬を服用している場合は、お薬手帳を持参するのが望ましいです。薬にも飲み合わせがあり、相性の悪い薬があるためです。重篤な副作用を避けるためにも、自分が服用している薬があれば隠さずにお話してください。薬も、ジェネリック医薬品が多く登場しています。ジェネリックは先発の薬と同じ効果がありながら、値段は先発の薬よりも安くなっています。少しでも医療費を抑えたい方は、先生に相談してみてはいかがでしょうか。

心の傷、心の悩みは、話せば改善可能かもしれません。心療内科を東京でお探しの方へ。こちらはどうでしょうか。

うつ病の特徴

うつ病に悩んでいる患者が増えており、うつ病になってしまうことで社会生活に大きな影響を与えてしまいます。そのためうつ病になった時は心療内科を受診して治療を進めることが大切です。

Read more »

誰もが発症する病気

うつ病という病気は、誰もが発症してもおかしくはない病です。どんなにリフレシュしても気持ちが沈んでいるという場合は、精神科で診断を受けましょう。また、相談できる人を見つけることが必要です。

Read more »


心の病を癒す

心の病は、治療経過が肉眼ではわかりにくいという部分があります。患者自身の表情や態度を見手行くことが重要なのです。横浜の心療内科では、このような部分をしっかりサポートしているのです。

Read more »